コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反芻 ハンスウ

デジタル大辞泉の解説

はん‐すう【反×芻】

[名](スル)
一度飲み下した食物を口の中に戻し、かみなおして再び飲み込むこと。
繰り返し考え、よく味わうこと。「先生の言葉を反芻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

反芻【はんすう】

一度内に飲みこんだ食物を再度口に吐き戻して咀嚼(そしゃく)の後,改めて嚥下(えんげ)・消化する摂食様式。ウシ,ヒツジ,シカ,キリン,マメジカ反芻類)などが行う。本来の胃(葉胃およびしわ胃)の前に前胃(こぶ胃および網胃)が分化して,4室性の反芻胃を形づくる(マメジカ類では3室)。前胃の2室内に共生するセルロース分解性の微生物(繊毛虫や細菌)が行う予備消化の後,本来の胃内消化が行われる。なお,ラクダ類は反芻類ではないが,3室からなる複胃をもち反芻する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の反芻の言及

【反芻胃】より

…胃内容を口腔に吐きもどして再そしゃくし,唾液(だえき)と混合させて再び嚥下(えんげ)することを反芻ruminationという。ウシ,キリン,シカ,マメジカなどの反芻類の胃を一般に反芻胃といい,第一胃(こぶ胃)rumen,第二胃(蜂巣(ほうそう)胃)reticulum,第三胃(重弁胃)omasum,第四胃(皺胃(しゆうい))abomasumの4室よりなる。…

※「反芻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

反芻の関連キーワード噛み反す・嚙み反す反芻動物・反蒭動物スイテツ(膵蛭)ブルータング病反芻胃・反蒭胃ヤギ(山羊)オオツノジカアンテローププロピオン酸鼓腸・鼓脹メタン発酵第四胃変位セルラーゼ反芻性障害テングザルレンニン胃神経症ルーメン移行抗体反芻動物

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反芻の関連情報