龍天栄螺(読み)りゅうてんさざえ

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅうてん‐さざえ【龍天栄螺】

〘名〙 リュウテンサザエ科の巻き貝。奄美諸島以南の熱帯海域に分布し、潮下帯の転石下にすむ。殻高約五センチメートル。殻の形はサザエに似ているがとげはなく、なめらかで光沢がある。表面は赤紫褐色で、緑褐色の螺旋状帯が走るほか、灰黄色の不規則な大形斑がある。ふたはレンズ形で、石灰質からなり、外面下方に果粒がある。殻は観賞用となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる