コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍頭岩 りゅうとうがん

世界の観光地名がわかる事典の解説

りゅうとうがん【龍頭岩】

韓国のチェジュド済州島西海岸のチェジュ(済州)市にある、200万年前のハルラサン漢拏山)の噴火で流れ出した溶岩がつくりだした奇岩。竜が海中から頭をあげて吠えているように見えるところからこう名づけられた。◇「ヨンドゥアム」とも読む。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android