コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

.386ファイル どっとさんはちろくふぁいる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

.386ファイル

Windows 3.1の386エンハンスドモードで利用される仮想デバイスドライバー。仮想デバイスドライバーの代表格はSystemディレクトリに格納されるWIN386.EXEで、この内部にはディスクやメモリーなどの標準的なデバイスに対する仮想デバイスドライバー群がひとまとめにされている(WIN386.EXE内の仮想デバイスドライバーは、SYSTEM.INIファイル内の386Enh386Enh][[セクション386Enh][[セクション]386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*]386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*]]」で始める名称で組み込まれている)。この'''.386ファイル'''はWIN386.EXE以外の仮想デバイスドライバーで、各種オプションデバイスのための仮想デバイスドライバーがこの[[拡張子386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*]]」で始める名称で組み込まれている)。この'''.386ファイル'''はWIN386.EXE以外の仮想デバイスドライバーで、各種オプションデバイスのための仮想デバイスドライバーがこの[[拡張子]

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

.386ファイルの関連キーワードWindows XPWindowsマイクロソフトWindows 8.1WindowsWindows MeWindows 8Windows 7Windows NTエンハンスドモード

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android