コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

.386ファイル どっとさんはちろくふぁいる

1件 の用語解説(.386ファイルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

.386ファイル

Windows 3.1の386エンハンスドモードで利用される仮想デバイスドライバー。仮想デバイスドライバーの代表格はSystemディレクトリに格納されるWIN386.EXEで、この内部にはディスクメモリーなどの標準的なデバイスに対する仮想デバイスドライバー群がひとまとめにされている(WIN386.EXE内の仮想デバイスドライバーは、SYSTEM.INIファイル内の386Enh386Enh][[セクション386Enh][[セクション]386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*]386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*]]」で始める名称で組み込まれている)。この'''.386ファイル'''はWIN386.EXE以外の仮想デバイスドライバーで、各種オプションデバイスのための仮想デバイスドライバーがこの[[拡張子386Enh][[セクション]]のdevice=の右辺に「[[アスタリスク|*]]」で始める名称で組み込まれている)。この'''.386ファイル'''はWIN386.EXE以外の仮想デバイスドライバーで、各種オプションデバイスのための仮想デバイスドライバーがこの[[拡張子]

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

.386ファイルの関連キーワードエンハンストCD386エンハンスドCDエンハンスメントエンハンサーエンハンスト音楽CDカザンハン国ノモンハンハンドインハンドフレーバーエンハンサー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone