セクション(英語表記)section system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セクション
section system

主としてオーストラリア先住民の諸社会にみられる人間の分類体系で,2セクション,4セクション,8セクションなどがあり,かつては婚姻クラスと呼ばれていた。2セクションは半族組織のことである。4セクションは,図のカリエラ族の場合では,Aのブルング・セクションの男はBのバナカ・セクションの女性と結婚し,その子供はDのパリエリ・セクションに所属する。同様にAの女性とBの男性の子供はCのカリメラ・セクションに所属する。CとDの男女の結婚によって生れた子供はAとBに所属することになる。この体系では婚姻は交差いとこ婚を基本とする。8セクションは図のように,A1 の女性の子供は C1 ,C1 の女性の子供は A2 に所属する。AとD,BとCは結婚できない。第1次交差いとことの結婚は禁じられることになる。セクション体系は形式的には二重単系出自体系と合致するが,セクションは儀礼集団として機能することはあっても,いわゆる出自集団の属性は有さず,あくまで社会の成員を分類する範疇体系と考えたほうがよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

セクション

〘名〙 (section)
① 分割された部分・区画。部門。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其一『タウンシップ』を縦横各六に平行線を引く、即六六三十六区なり、之を一『セクション』と名く」
② 会社・団体などの部課。
※見知らぬ家路(1970)〈黒井千次〉「営業からこのセクションに来た鹿野はむしろ新参であり」
③ 物のつなぎ目の接合部分。節(ふし)。しきり。
※自由の彼方で(1953‐54)〈椎名麟三〉二「トロリーワイヤーに、ポールが、〈略〉セクションでぴしっと短い鋭い音を立てて、跳ね上る」
④ 建築図面などで、構造を示すために建物を垂直面で切断して表示したもの。断面図。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セクション
せくしょん
Sections parisiennes フランス語

パリ市内の区をいう。フランス革命の初期、1789年に選挙に向けてパリは60の「地区」districtsに分けられたが、翌90年、これが48の「セクション」に改編され、セクションごとに市民総会をもつことになった。この総会はセクションの民意を代表するものとして選挙のとき以外にも政治に活躍することとなり、サン・キュロットを結集して革命の前進に大きな役割を果たし、ことに92年8月10日、93年5月31日~6月2日の人民蜂起(ほうき)を通して、モンターニュ派(山岳派)の権力奪取に寄与するところが大きかったが、同派没落後の総裁政府期に至って廃止された。

[樋口謹一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

セクション(section)

組織や構成の上から他と区別される部分。部門。「会場は三セクションからなる」
会社・団体などの部局。課。「営業のセクション
文章の一区分。→セクションマーク
新聞などの一欄。「ホームセクション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android