コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1株あたり利益 ひとかぶあたりりえき

1件 の用語解説(1株あたり利益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1株あたり利益
ひとかぶあたりりえき

税引後純利益を発行済株式総数で除した比率で,1株あたり純益率とも呼ばれる。資本金純利益率と非常に類似的な比率で,配当の可能性を判定するのに有効である。株式配当は1株あたり何円という単位で示されるので,1株あたり利益と比較することによって増配,増資の可能性を検討するにも有効であり,投資家が株式を売買する際の指標として役立つ比率である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

1株あたり利益の関連情報