コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1株あたり利益 ひとかぶあたりりえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1株あたり利益
ひとかぶあたりりえき

税引後純利益を発行済株式総数で除した比率で,1株あたり純益率とも呼ばれる。資本金純利益率と非常に類似的な比率で,配当の可能性を判定するのに有効である。株式配当は1株あたり何円という単位で示されるので,1株あたり利益と比較することによって増配増資の可能性を検討するにも有効であり,投資家が株式を売買する際の指標として役立つ比率である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

1株あたり利益の関連キーワード1株あたり利益 EPS

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

1株あたり利益の関連情報