コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

12使徒奇岩 じゅうにしときがん

1件 の用語解説(12使徒奇岩の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

じゅうにしときがん【12使徒奇岩】

オーストラリアの第2の都市メルボルン南西、約250km続く海岸線を走る道路、グレートオーシャンロードの中間地点にある町、ボートキャンベルから車で約15分の場所にある奇岩。海の中に黄色味を帯びた高さ数十メートルもの岩が点在する。もともと、岩は12個あり、キリストの12人の使徒にちなんで名づけられたが、年月とともに風化、崩壊し、現在では8個しか残っていない。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

12使徒奇岩の関連キーワードオーストラリア区ホークオーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリア室内管弦楽団メルボルン交響楽団メルボルンマラソンメルボルン国際映画祭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone