コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸線 かいがんせんcoastline

翻訳|coastline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海岸線
かいがんせん
coastline

海と陸の境界線。海面潮汐,波浪,気圧変化などによって昇降するため,海岸線の位置,形態は変動する。長期的にも地殻運動,氷河性海面変化,海食作用,陸地からの堆積作用によって,その位置,形態は変る。地盤,海面の昇降によって形成された海岸線を沈水海岸線,隆起海岸線という。それ以外の要因,たとえば火山活動,断層の形成,サンゴ礁の成長によるものは中性海岸線といい,それらが重なり合ったものを合成海岸線と呼ぶ。一般的には沈水海岸線屈曲が激しく,離水海岸線は屈曲が少く直線的であることが多い。海岸線の形態は沿岸の人間活動に大きな影響を与えてきたが,最近では人間が海岸線に手を加えることによって,たとえば遠浅の砂浜海岸地帯に大きな港や臨海工業地帯を造成できるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいがん‐せん【海岸線】

陸地と海水面との境界にあたるとみなされる線。満潮時の境界線を高潮海岸線、干潮時のものを低潮海岸線といい、ふつう地形図では前者、海図では後者が描かれている。汀線(ていせん)。
海岸に沿う鉄道線路。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海岸線【かいがんせん】

陸地面と海面との境界線。汀(てい)線とも。潮位の変化に応じて動くため,1本の線ではなく狭い帯をなす。地形図の海岸線は満潮時の平均的な汀線高潮線)である。陸地の昇降,海水面の変化によって,地質時代を通じ大きく位置が変化している(たとえば氷河性海面変化)。
→関連項目沿岸流

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいがんせん【海岸線】

陸地と海面の境界線。汀線(ていせん)ともいう。実際は,岸に打ち寄せる波の一波ごとに海水の到達する限界は変化し,さらに毎日の潮汐の干満によって海面が上下するために,海岸線の位置は刻々とかわる。毎日の潮汐変化に基づき,平均的な高潮位,低潮位に対応する海岸線を,それぞれ高潮線(高潮汀線),低潮線(低潮汀線)と定義するが,その位置も大潮と小潮とでは変化する。また,もう少し時間的・空間的に広い意味で海岸線を定義することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいがんせん【海岸線】

陸と海との境界を連ねた線。汀線ていせん。 〔地形図では満潮面と陸地との境界線〕
海岸に沿った一帯の地域。
海岸ぞいの鉄道線路。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海岸線
かいがんせん

陸地と海面の交わる線。汀線(ていせん)ともいう。海面は潮汐(ちょうせき)とともに上下する。潮差の大きい地方では、1日のうちでも周期的に大きく変動する。そのため、高潮時、低潮時の海岸線を、それぞれ高潮海岸線、低潮海岸線、あるいは満潮汀線、干潮汀線とよんで区別する。海岸線は、波による侵食、堆積(たいせき)作用、地殻運動による隆起や沈降運動、海水準変化などによってその位置が変化しやすい。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海岸線の関連キーワードモナコ・リヴィエラ国際マラソン海岸線“乗っ得”1dayパス鼠ヶ関オートキャンプ場伊野田オートキャンプ場湾曲・彎曲・弯曲ダルマチア式海岸南房総国定公園ウエストコークコスタデプラタリアス式海岸バリアリーフマングローブポルトラーノリアス海岸離水海岸小袖海岸海岸段丘カレント進均作用断層海岸

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海岸線の関連情報