13番トリソミー症候群(読み)じゅうさんばんとりそみーしょうこうぐん(英語表記)13-Trisomy Syndrome

  • 13番トリソミー症候群 13-Trisomy Syndrome

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 13番染色体(せんしょくたい)に1本過剰な染色体があり、3本になっています(トリソミー)。精神発達遅滞(せいしんはったつちたい)のほか、前頭部の発育不良、無眼球症(むがんきゅうしょう)または小眼球症(しょうがんきゅうしょう)、虹彩欠損(こうさいけっそん)、両眼開離(りょうがんかいり)、口蓋裂(こうがいれつ)、口唇裂(こうしんれつ)、耳介(じかい)の低位、多指(たし)(趾(し))症(しょう)、先天性心臓形態異常、腸回転異常などの多彩な形態異常がみられます。
 発生頻度は出生5000人に1人といわれ、多くは生後3か月以内に死亡するといわれています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android