コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口唇裂 コウシンレツ

4件 の用語解説(口唇裂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐れつ【口唇裂】

顔面奇形の一。先天的口唇が縦に裂けているもの。欠唇。兎唇(としん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうしんれつ【口唇裂】

〘医〙 顔面裂奇形の一種。口唇の先天性破裂をいう。多くは上口唇の人中じんちゆうの側方唇裂で、兎唇としんともいわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口唇裂
こうしんれつ

顔面の形態異常の一種で、先天的に口唇が破裂しているものをいう。兎唇(としん)、みつくち、いぐちなどとも俗称された。通常みられるのは上口唇裂であり、左側にみられるものが、右側および両側性のものよりも多い。ごくまれに下口唇に正中裂がみられる場合もある。しばしば歯槽裂(顎裂(がくれつ))や口蓋(こうがい)裂を合併する。口唇裂・口蓋裂児は、わが国では400~500人に1人の発生率であり、そのうち口唇裂のみられるものが約70%を占める。また口唇口蓋裂は男児に多いが、口唇裂単独のものは男女ほぼ同数である。原因については確たる定説がないが、遺伝因子と環境因子の双方が関与しているものと考えられ、環境因子としては、口蓋裂も含めて母体の栄養障害、副腎(ふくじん)皮質機能異常、放射線障害、風疹(ふうしん)ウイルス感染および羊膜の癒着など多くのものがあげられている。口唇裂は審美的に不良であるばかりではなく、哺乳(ほにゅう)障害をも招くので、口唇裂形成手術(兎唇手術)により、口唇の機能と形態の回復を図る。手術は一般に生後3か月前後から行われる。両側性口唇裂では、一側ずつ行う場合には、一側を生後3か月ごろ、他側を6か月ごろに行う。両側同時に行う場合には、生後5~6か月ごろに行う。麻酔は経口的挿管(そうかん)による気管内麻酔による。程度により術後の回復は異なり、二次的な再形成手術を必要とすることもある。[矢正之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口唇裂の関連キーワード先天的後天的先天性免疫長角果爆ぜ栗先天性奇形先天性巨大結腸症先天性膵リパーゼ欠損先天性単糖吸収不良先天性葉酸吸収不良

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口唇裂の関連情報