4つの最後の歌

デジタル大辞泉プラスの解説

4つの最後の歌

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのソプラノ独唱と管弦楽のための作品(1948)。原題《4 letzte Lieder》。死後に出版。ヘルマン・ヘッセらの詩に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android