コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ADPCM えーでぃーぴーしーえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ADPCM

アナログの音声データを符号化、複合化する方法のひとつ。PHSの音声の圧縮などに利用されている。同じ目的を持つPCMに比べて、データを1/4程度に圧縮できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐ディー‐ピー‐シー‐エム【ADPCM】[adaptive differential pulse-code modulation]

adaptive differential pulse-code modulation》音声などのアナログ信号をデジタル信号に変換する技術。PCM方式よりデータ量を小さく圧縮できる。適応的差分パルス符号変調

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ADPCM

〖adaptive differential pulse code modulation〗
パルス変調方式の一。PCM 方式と同様の量子化を行い、周期ごとに直前のデータとの差分だけを記録する。PCM 方式に比べ全体のデータ量が少ない。適応的差分 PCM。 → サンプリングPCM

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ADPCMの関連キーワードデジタルオーディオテープレコーダーADPCM 音源AVIファイルサンプリングEPWINGEBXA

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ADPCMの関連情報