コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aldrich,T.B. AldrichTB

世界大百科事典内のAldrich,T.B.の言及

【アドレナリン】より

…1896年,イギリスのオリバーG.OliverとシェーファーE.A.Schäferらは副腎から血圧上昇物質を抽出,これをエーベルJ.J.Abelがベンゾイル化合物として単離し,エピネフリンと命名した。1901年,高峰譲吉とアルドリヒT.B.Aldrichが相前後して結晶化に成功,高峰はこれをアドレナリン(当時,特許名)と命名した。さらに04年,シュトルツF.Stolzがラセミ体のdl‐アドレナリンの合成に成功し,08年,フレッヘルFlächerがd‐体とl‐体の二つの光学異性体の分離に成功した。…

※「Aldrich,T.B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Aldrich,T.B.の関連キーワードアルドリッチロックフェラー財閥アドレナリンシーゲル免疫不全症候群レオーネおもなお雇い外国人

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android