Alföldi,A.(英語表記)AlfoldiA

世界大百科事典内のAlföldi,A.の言及

【ローマ】より

…この王政時代にはまもなくエトルリアの勢力下に入り,タルクイニウスという王の名前はエトルリア人であることを示している。最近考古学者のイェルシュタードE.Gjerstadはエトルリア支配を前530‐前450年に下げ,またかつてアルフェルディA.Alföldiもこの時期の伝承を前5世紀のものとみたなど,年代決定には次々と新説が出されるが,いずれも主流にはなっていない。エトルリア
[王政期の国制]
 伝承から推定される王政時代の国制としては,王rexを補佐する元老院があり,それは有力氏族の長(父たちpatres)によって構成された。…

※「Alföldi,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android