コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Anti-Shake あんちしえいく,あんちしぇいく

カメラマン写真用語辞典の解説

Anti-Shake

 手ブレ補正機能のコニカミノルタにおける名称。同社の開発したアンチシェイクには2種類あって、ひとつは一眼タイプのデジタルカメラ、ディマージュAシリーズやレンズ交換式デジタル一眼のα-7 DIGITALやα Sweet DIGITALに搭載された「CCDシフト方式」で、もうひとつはデジタルコンパクトカメラのディマージュX1に搭載された「レンズシフト方式」だ。  前者はイメージセンサーをピエゾ素子で動かすボディ内蔵方式だから、レンズ交換式一眼であればどんなレンズを使用しても手ブレ補正の恩恵を味わうことができる。後者はレンズユニットを動かすもので、CCDシフト方式ほど場所をとらないのが特徴。ディマージュX1のような屈曲光学式レンズを採用する薄型デジタルカメラにぴったりというわけだ。  なお、コニカミノルタがカメラの生産・販売から撤退したのち、CCDシフト式手ブレ補正の技術はソニーに移管され、平成18年にソニーが一眼レフ市場参入第1号として発売したα100に搭載された。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

Anti-Shakeの関連キーワードsr

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android