コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Anti-Shake あんちしえいく,あんちしぇいく

1件 の用語解説(Anti-Shakeの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

Anti-Shake

 手ブレ補正機能のコニカミノルタにおける名称。同社の開発したアンチシェイクには2種類あって、ひとつは一眼タイプデジタルカメラ、ディマージュAシリーズレンズ交換式デジタル一眼のα-7 DIGITALやα Sweet DIGITALに搭載された「CCDシフト方式」で、もうひとつはデジタルコンパクトカメラのディマージュX1に搭載された「レンズシフト方式」だ。  前者はイメージセンサーをピエゾ素子で動かすボディ内蔵方式だから、レンズ交換式一眼であればどんなレンズを使用しても手ブレ補正の恩恵を味わうことができる。後者はレンズユニットを動かすもので、CCDシフト方式ほど場所をとらないのが特徴。ディマージュX1のような屈曲光学式レンズを採用する薄型デジタルカメラにぴったりというわけだ。  なお、コニカミノルタがカメラの生産・販売から撤退したのち、CCDシフト式手ブレ補正の技術はソニーに移管され、平成18年にソニーが一眼レフ市場参入第1号として発売したα100に搭載された。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

Anti-Shakeの関連キーワードOS手ブレ補正VRミノルタsr手ぶれ手ぶれ補正手ブレ補正機構手ブレ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone