コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ars gallica Arsgallica

世界大百科事典内のArs gallicaの言及

【フランス音楽】より

…一方,サン・サーンスは器楽復興の推進者であった。彼は自ら交響曲,協奏曲を書くとともに,声楽家R.ビュシーヌと語らって1871年〈国民音楽協会〉を設立,〈アルス・ガリカArs gallica(フランスの芸術)〉を旗印に掲げて多くの同志を集め,現存のフランス人作曲家による室内音楽と管弦楽曲の紹介に努めた。 国民音楽協会の主導権をサン・サーンスに代わってやがて握ったのが,フランクとその弟子たち(デュパルク,ショーソン,とりわけダンディ)である。…

※「Ars gallica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ars gallicaの関連キーワードアルス・エレクトロニカラムス坂井伊織ルパンの冒険エッティングハウゼンドナトゥスアミノアシルtRNA合成酵素第2の遺伝暗号大手拓次テクノロジカル・アート