コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術 げいじゅつart; Kunst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術
げいじゅつ
art; Kunst

本来的には技術と同義で,ものを制作する技術能力をいったが,今日では他人と分ち合えるような美的な物体,環境,経験をつくりだす人間の創造活動,あるいはその活動による成果をいう。芸術という言葉は,利用する媒体や作品の形態によって伝統的に分類される数多くの表現様式の一つを示すこともある。したがって,絵画,彫刻,映画,音楽,舞踊,文学をはじめとする多くの審美的な表現様式をそれぞれ芸術と呼ぶことも,全体として芸術と呼ぶこともできる。これは一方では自然の被造物と,他方では技術や知識による産物と異なる。自然における創造は自発的であり,また技術や知識による創造は概念的であるのに対し,芸術はいわば直観的である。芸術の根源,すなわち芸術創造の根源には諸説があり,たとえば想像力,遊戯衝動,模倣衝動,表出衝動などさまざまに分類されている。
芸術は伝統的に文芸と美術とに分類される。文芸は言語や理論による表現技術で,美術は純粋な美の追求をより重視するものである。さまざまな表現様式,たとえば陶芸,建築,金属細工,広告などは,美の追求と実用的な目的を兼ねている。芸術は,純粋に美を追求するものと,単純に実用性を求めるものと異なる2つの目的の間に位置すると考えられる。この2つの目的の対立は,芸術家と職人という関連した用語にも反映されている。職人は実用性にかなり重点をおくと理解されているが,これは厳格な体系ではない。一つの芸術様式のなかでも,動機が大きく異なる場合もある。陶工や織工は実用的であると同時に美しい作品をつくるかもしれないし,賛美される以外に目的のない作品をつくる可能性もある。
芸術に用いられるもう一つの伝統的な分類方法に,文学 (詩,戯曲,小説など) ,視覚芸術 (絵画,彫刻など) ,グラフィック・デザイン (広告,ポスター,パッケージなど) ,造形芸術 (彫刻など) ,装飾芸術 (服飾,装身具,家具,壁画など) ,舞台芸術 (演劇,舞踊,音楽など) ,音楽 (作曲) ,建築 (しばしば室内装飾を含む) などがある。また,芸術の存在様式が空間的であるか,時間的であるか,あるいはその媒体が何であるかによってもさまざまに分類される。近代では芸術媒体 (メディア) の多様化により,この傾向はますます拡大される傾向にあり,さらに技術のすさまじい発展は (古代と異なった意味ではあるが) 芸術と技術との和解をはかっているようにもみえる。芸術現象を解明する学問として,芸術学および美学がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げいじゅつ【芸術】

独自の価値を創造しようとする人間固有の活動の一つを総称する語。このような意の日本語としては明治20年前後に翻訳語として始まり,今日では完全に定着したが,この語にあたる西欧語はアート,アールart(英語,フランス語),クンストKunst(ドイツ語),アルテarte(イタリア語スペイン語),さかのぼってはアルスars(ラテン語),テクネーtechnē(ギリシア語)である。それゆえ芸術の意味を考えるには,芸の正字〈芸〉や〈術〉の語義を中国および日本の文化史に追いもとめる以上に,西洋における芸術観の展開を重んじることになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸術
げいじゅつ
art 英語 フランス語
Kunstドイツ語

作品の創作と鑑賞によって精神の充実体験を追求する文化活動。文学、音楽、造形美術、演劇、舞踊、映画などの総称。芸術のジャンルを枚挙し分類する考えの一例として、フランスの美学者スリオの図表()をあげておこう。円を7分割している一つ一つの扇形は感覚的素材の特殊性を表し、それに対応する芸術ジャンルが、外円(再現的芸術)と内円(非再現的芸術)の2層に分けて示されている。[佐々木健一]

変動する芸術の概念

これらの芸術現象そのものは、洋の東西を問わず古代より存在したが、文学、音楽、美術などを包括して一つの領域とみる考え方、すなわち類概念としての芸術は、ようやく18世紀中葉の西欧において成立したものである。この近世的概念としての芸術はまず「美しいart」(フランス語ではbeaux-arts、英語ではfine arts、ドイツ語ではschne Knste)と表現され、日本でも当初(明治5年以後)これを直訳した「美術」が芸術の意味で用いられた。西欧語の「美しいart」は芸術一般をさすとともに造形美術の意味でもあるが、日本語での芸術‐美術の区別が定着したのは明治30年(1897)以後であり、また最初に訳語としての「芸術」を用いたのは1883年(明治16)の中江兆民と思われる。しかし「藝術」という語(藝と芸は本来別々の二つの文字であるから、芸を藝の略字として用いるのは正しくない)そのものは、『後漢書(ごかんじょ)』にも用いられた古いことばであり、学問と技芸をさしていた。つまり、今日芸術と考えられているものはその一部分にすぎなかった。その点は西洋でも同様で、18世紀末には端的にartといって芸術をさすようになるが、artはもともとずっと広い領域を包摂していた。
 そのartはラテン語のアルスars、さらにギリシア語のテクネーtechnに由来し、これらのことばが学問と技術の二つの意味を内包していることは、漢語の「藝術」との顕著な近似性である。この技術的学問もしくは学問的技術の広い領域のなかで「藝術」の示す特殊性を、西洋の近世が美に認めたのは、芸術の本質を美と考えたからにほかならないが、この思想もけっして古来のものではない。古代ギリシア人は「ミメーシスmimsisのテクネー」の概念によって、ほぼ芸術に対応する領域を定義していた。ミメーシスとは現実の事象の模倣もしくは再現のことであるから(たとえば肖像画を考えよ)、これはものをつくる仕事の様態によって芸術を規定する考えであり、それに対して近世的な「美しいart」は、つくられた作品のねらいとしての効果の面に芸術の本質をみているのである。すなわち、芸術概念そのものが歴史的に変化しており、一義的に定めることは不可能である。獲物を求めて行われた原始時代の呪術(じゅじゅつ)的芸術と、現代の前衛芸術の距離は遠い。近い過去を振り返っても、写真や映画が芸術であるか否かは論争をよぶ事柄であったし、現にたとえばコンピュータ・アートはそのような問題を構成している。新たな可能性の開拓とともに芸術の領域は変化し、それとともに芸術の概念も改定されてゆく。歴史的に変動するということは、どの時点をとってみても、芸術の領域が、近接する学問や「わざ」の領域との間に明確な境界線をもっていたわけでない、という意味でもある。[佐々木健一]

芸術を芸術たらしめるもの

しかし、このような変動性やあいまいさのなかにあって、芸術を芸術たらしめているものとして、三つの契機をあげることができる。「わざ」と知と作品であり、これはテクネー‐アルス‐アートの主要語義に対応している。力点の置き方はさまざまであっても、この三者の総合が芸術である。芸術作品は人間の作物のなかでも、日用品や道具や機械などとは異なり、その目的は限定されていない。できる限り充実した体験を可能にするということが、芸術作品の使命である。したがって、それを生み出す「わざ」もまた、ある一定の目的を満足すればよいというようなものではなく、可能な限りの高みを目ざす冒険の精神に支えられたものである。そしてまた、芸術における知も、学問的な知のように概念的言語によって説明される種類のものではなく、あるいは実際の創作によって体得される「かん」や「こつ」のようなものであり、あるいはその作品の鑑賞によってしかみえてこない境地のようなものである。前者は「わざ」と知の一体となった能力であり、後者は作品が鑑賞者に対して繰り広げる個性的な世界である。
 この作品世界は、ことばでとらえ尽くせないものであるからこそ、かえって、鑑賞者はそれをことばで語ってみたくなる。単なる感想から高度の評論に至る活動がそこに生まれてくる。しかし、どれほど語ってみても、なおかつ語り尽くされないものが傑作のなかにはある。したがって、特定の目的に鎖(とざ)されていない作品は、作者にとっても鑑賞者にとっても緊張の結晶であり、泉のように多様な意味を湧(わ)き出させるものとして、それはオリジナルな世界である。このオリジナルな世界は作者の個性を刻印した「作者の世界」だが、作者の意図を超えた可能性をはらんでいるという意味では、作者1人のものではなく、自律的な世界である。作者の意図を超えた意味を掘り起こすのは、鑑賞者の解釈である。したがって芸術作品の世界は、可能な限りの高みを目ざす芸術家の冒険の精神によって生み出され、最大限の意味充実を求める鑑賞者の本性的な志向性によって現実化されるものである。
 このようにしてみえてくる作品世界の意味充実が、美である。芸術美は真や善や聖などのあらゆる価値を排除せず、それらの表現のうえに達成される作品存在の質であり、この意味においてのみ、美は芸術の本質であるといいうる。近世以後の芸術概念の中心を占めてきたのは作品であり、単に芸術といえば芸術作品を意味するのが普通だが、現代の前衛のなかには作品概念を攻撃する傾向が根強くある。それは作品を静的な対象と考えてのことであり、この批判の根底には、生き生きとした精神の現動性を重んずる現代思想共通の態度がある。この思潮は、作品概念を破壊するよりはむしろ、解釈の可能性をはらんだ作品世界の奥行を明らかにしつつある、といってよい。[佐々木健一]
『佐々木健一著「芸術」(『講座美学2 美学の主題』所収・1984・東京大学出版会) ▽渡辺護著『芸術学』改訂版(1983・東京大学出版会) ▽新田博衛編『芸術哲学の根本問題』(1978・晃洋書房) ▽山崎正和編『近代の芸術論』(1974・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芸術の言及

【芸能】より

…芸術諸ジャンルのうち,人間の身体をもって表現する技法と形の伝承をいう。音楽,舞踊,演劇,演芸などの類がそれである。…

【美術】より

…〈美術〉という語は東洋古来のものではなく,西洋でいうボーザールbeaux‐arts(フランス語),ファイン・アーツfine arts(英語),ベレ・アルティbelle arti(イタリア語),シェーネ・キュンステschöne Künste(ドイツ語)などの直訳であり,日本では明治初期以降用いられた。美の表現を目的とする芸術を意味し,したがって絵画,彫刻,建築,工芸などのほか,詩歌,音楽,演劇,舞踊などをも含むものとされた。明治時代には文学も美術に加えられていた(坪内逍遥《小説総論》など)。…

※「芸術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芸術の関連キーワードヴェニアミーン ピンチュークヴィルヘルム パーペートシモン ヴィルサラーゼパフォーミングアーツN. ニコラエヴァアーティスティック視覚芸術・視覚藝術応用芸術・応用藝術京都造形芸術大学九州芸術工科大学アバンギャルドリュッツェラーミニマルアートデッソアール芸術至上主義日本芸術院賞芸術人類学遠藤 雅古日本芸術院フリーチェ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芸術の関連情報