コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムス ラムス Ramus, Petrus

5件 の用語解説(ラムスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムス
ラムス
Ramus, Petrus

[生]1515. ピカルディ,キュ
[没]1572.8.26. パリ
フランスの人文主義者,論理学者。フランス名 Pierre de La Ramée。アリストテレスとその伝統的解釈に反対したためパリ大学での講義を禁止された。彼は探求の方法としてではなく,キケロの修辞学を取り入れた論争術としての弁証法的論理学をつくりあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラムス

フランスのプロテスタント哲学者,人文学者。フランス名ピエール・ド・ラ・ラメー。王立教授団コレージュ・ド・フランスの前身)の修辞学・哲学教授。急進的なアリストテレス主義批判と,全知識の形式化・単純化を図る論理学は,のちのデカルト学派,百科全書派に大きな影響を与え,ラムス主義(ラミズム)として北ヨーロッパ,北米ニューイングランドで盛行した。
→関連項目ビーベス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラムス【Petrus Ramus】

1515‐72
フランス・ルネサンスの哲学者,人文学者。フランス名ラ・ラメPierre de La Ramée。当時の大学を支配したスコラ的アリストテレス解釈に飽き足らず,真理を求める柔軟で自由な思考・判断の手本をプラトンに見いだす。1536年苦学して学んだパリ大学文学士資格試験に〈アリストテレスの言説はすべてこれ虚妄にほかならず〉という挑発的提題を掲げ,反論をすべて論破して二,三の学寮の教壇に立った。1543年相次いで発表した《論理学要綱》と《アリストテレス批判》,とくに後者はアリストテレスを詭弁家ときめつけ,真理探求に絶対の権威はありえないことを雄弁に論じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラムス【Petrus Ramus】

1515~1572) 〔本名 Pierre de La Ramée〕 フランスの論理学者・数学者・人文主義者。アリストテレス批判を展開し、真理の基準を理性に求めた。主著「論理学」は、デカルト以前の「方法序説」として知られる。サン-バルテルミーの虐殺で殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラムス
らむす
Petrus Ramus
(1515―1572)

フランスの人文学者(ユマニスト)、哲学者。本名ピエール・ド・ラ・ラメPierre de La Rame。アリストテレス‐スコラ論理学の人為的性格を激しく批判し、真の論理学は人間の自然で自発的な思考と推理とを支配する諸規則の定式化、つまり「自然論理学」でなければならないとし、これを文法すなわち「言論の術」ars loquendiおよび修辞学すなわち「話の術」ars discendiから区別して、「議論の術」ars desserendiとよんだ。1551年王立学院(後のコレージュ・ド・フランス)の教授となり、哲学と修辞学を講じたが、1561年改革派(プロテスタント)に改宗したためにその席を失い、1572年サン・バルテルミーの虐殺のときに暗殺された。[坂井昭宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラムスの言及

【人文主義法学】より

…そのさい,歴史学的,一部はテキスト批判的な分析が導入されているが,さらには一般的諸原理の抽出およびその体系化もみてとれる(どの解釈手段に重きを置くかは個々の法学者によってかなり異なる)。P.ラムスのような新しい論理学的研究を利用しながら,ローマ法大全の法素材を体系的に再編成しようとした試み(とりわけドノー)は,後代の法の体系化作業に大きな影響を与えた。〈より良いテキストのより良い解釈〉を綱領として掲げたこの人文主義法学が,実際にどこまで法の革新,具体的な法命題の内容変更をもたらしえたのか,逆にいえば,中世法学の成果が人文主義の激烈な攻撃にもかかわらずどこまで保持されていたのかは,今後検討されなければならない問題である。…

※「ラムス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラムスの関連キーワードルネサンスカロリングルネサンスベルクソンアフリカルネサンスの像ダンスリールネサンス合奏団サン・マルタンルフェーブル・デタープル《フランソア・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化》ルネサンス演劇ルネサンス人文主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムスの関連情報