コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッティングハウゼン Richard Ettinghausen

世界大百科事典 第2版の解説

エッティングハウゼン【Richard Ettinghausen】

1906‐79
ドイツ生れのイスラム美術史学者。ミュンヘンケンブリッジ,フランクフルト各大学に学ぶ。アメリカ・ペルシア美術考古学研究所,プリンストン大学高等研究所,ミシガン大学を経て,フリーア美術館中近東部長,ニューヨーク大学美術研究所教授。《アルス・イスラミカArs Islamica》《アルス・オリエンタリスArs Orientalis》《クンスト・デス・オリエンツKunst des Orients》誌の編者。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エッティングハウゼンの関連キーワードヴォルター・ヘルマン ネルンストホイリンガーの式ネルンスト

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android