コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BASE べいすBASE

翻訳|BASE

知恵蔵の解説

BASE

東京のBASE株式会社が運営する無料のネットショップ、または、BASEでのショップを運営する際のウェブサービス全般を指す。2012年11月にサービスを開始し、14年2月時点で、7万以上のネットショップが運営されている。楽天のようなショッピングモール形式ではなく、自主通販ショップの形態をとっている。同社の共同創業者は、14年2月の東京都知事選に立候補した実業家の家入一真。
BASEでは、非常に簡単に、かつ短時間でネットショップを運営することが可能となっている。ショップを開設したいユーザーは、BASEの専用サイトから、開設したいショップのURLと、ユーザーのEメールアドレス、パスワードを入力する。入力したショップのURLの後に、あらかじめ用意されたドメインが付加されたものが、ショップのURLとなり、これだけの操作で、開設作業は完了する。
年会費、登録費、売れた商品に対する手数料などが不要であり、登録可能な商品数も無制限。顧客のアクセス記録や、過去の売買記録の確認もできる。ただし、カード決済については別途手数料がかかる。
なお、BASEショップを少しでもオリジナル性の高いものにしたいというユーザーのニーズに応えるため、「BASE Apps」と呼ばれるサイトから、ショップの機能やデザインをカスタマイズするためのプログラム(プラグイン)を入手することもできる。
BASE Appsでは、ショップのURLを独自ドメインにするものや、検索結果の上位に自分のショップが表示されるよう工夫するための「SEO」対策サービス、ショップのオリジナルロゴが作成できるもの、割引クーポンの簡単発行、商品の保管、荷造り、配送代行サービスなどの様々なプラグインが公開されている。一般的に、数十日かかって構築される有償のオリジナルショップと同様のサービスが利用できる点も、人気の要因となっている。

(横田一輝  ICTディレクター / 2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のBASEの言及

【柱】より

…また,柱の形を壁に浮き出したものはピラスター(付柱)とよぶ。柱は歴史的に柱基base,柱身shaft,柱頭capitalの三つの要素で構成されてきた。 すでにエジプト建築において,角柱や多角形の柱以外に,アシやハスなどの細い植物を束ねた形式の柱,彫像を組み合わせた柱(オシリス柱,ハトホル柱)など,彫刻的な変化をもつ柱が現れ,以後,柱は建築表現の主要な部分となる。…

※「BASE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

BASEの関連キーワードThickケーブル/ThinケーブルGigabit EthernetギガビットEthernetギガビット・イーサーネットギガビットイーサネットイーサーネット型LANトランシーバーケーブル100BASE1000BASE‐T100BASEスター型ネットワークデュアルスピードハブトランシーバケーブル100BASE‐TXbase downUplinkポートモジュラージャックメーキャップベースfull base100BASE

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BASEの関連情報