コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Becker,H. BeckerH

世界大百科事典内のBecker,H.の言及

【チャドウィック】より

…第1次世界大戦中は抑留されたが,終戦後イギリスに戻り,19年からキャベンディシュ研究所で再びラザフォードとともに研究に従事した。主として天然のα粒子による軽元素の原子核変換の研究に携わっていたが,30年ドイツのボーテWalter Bothe(1891‐1957)とベッカーHerbert Beckerが核反応に際してγ線より透過力のある放射線が出ることを発見したのに触発されて,この新放射線の究明に乗り出した。計数管,霧箱,高圧電離箱などの検出装置を用いる実験によって,32年その新放射線が陽子とほぼ同じ質量をもつ電気的に中性の粒子からなることを確証した。…

※「Becker,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Becker,H.の関連キーワード花崗閃緑岩BMDベッカー型筋ジストロフィーコンクリーション表土ソーダ閃長岩Rising Sunチャドウィックタミリスベッカー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android