BMD(読み)ビーエムディー

翻訳|BMD

デジタル大辞泉「BMD」の解説

ビー‐エム‐ディー【BMD】[ballistic missile defense]

Ballistic Missile Defense弾道ミサイル防衛。飛来する弾道ミサイルを早期警戒衛星等で探知し、さまざまな迎撃方法を組み合わせて撃破する防御システム。→エム‐ディー(MD)

ビー‐エム‐ディー【BMD】[Becker muscular dystrophy]

Becker muscular dystrophy》⇒ベッカー型筋ジストロフィー

ビー‐エム‐ディー【BMD】[bone mineral density]

bone mineral density》⇒骨密度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「BMD」の解説

BMD

「ミサイル防衛計画」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のBMDの言及

【ミサイル】より

…アメリカは早期警戒衛星システムによりICBM,SLBMの発射を発見し,ICBMに対してはアラスカなどにBMEWS(ベミユース)(Ballistic Missile Early Warning System)や,北米大陸の北緯70度線に沿ってDEWLINE(デユーライン)(Distant Early Warning Line)などの早期警戒システムで,またSLBMに対してはフェーズドアレー・レーダーのPAVE PAWS(ペーブポーズ)等により確認してシャイアン山中の米空軍スペースコマンドに情報を集中し,ミサイルの早期発見につとめている。レーガン政府は,ソ連が弾道ミサイル防衛Ballistic Missile Defense(略号BMD)システムの研究開発の面でも対米優位を達成したと認識し,83年3月に戦略防衛構想Strategic Defense Initiative(略号SDI,スターウォーズと呼ぶ人もいる)を発表,そのなかで,ソ連の核攻撃をアメリカの即時大量核報復(MAD,相互確証破壊)により抑止することなく,戦略弾道ミサイルが自国および同盟国の領土に到達する前に迎撃破壊することにより,窮極的に核の廃絶をはかることを目的とする研究の推進を示唆した。これはソ連の弾道ミサイルを,ロケットエンジン燃焼中,多核弾頭が目標に対する軌道にのるまで,宇宙空間飛行中,および終末突入時のそれぞれの段階でレーザー等を用いて破壊する多層防衛方式である(図2)。…

※「BMD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android