コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表土 ひょうどsurface soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表土
ひょうど
surface soil

地表面をなす上部の土層をいう。風化が進み,腐植に富んで黒色または暗色を呈する。有機物に富み,土壌微生物が多く,植物の養分,水分の供給源となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

表土

saprolite: 岩石が確実にその場で風化生成した残留土壌[Becker : 1895, Pettijohn : 1949, Ollier : 1969].ギリシャ語のsaprosは腐敗した,汚い,もろい,つまらない,の意味.
regolith: →風化層

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうど【表土】

土壌の最上層の部分。農作物栽培上最も重要な土壌。表層土。
考古学で、遺跡に堆積した表面の土層。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表土
ひょうど
surface soil

土壌学上の用語で次の土層をさす。土壌は地下の母材地質物質が、その場所の気候や植生の作用を受けて変質した生成物であるから、一般に地表に近い部分ほど変わり方の度合いは大きい。可溶性成分の溶脱や腐植物質の付加を強く受ける表層の部分を表土とよび、若干の成分が集積をおこしたり粘土分の生成をみる下層の部分(下層土)と区別する。耕地では耕具によって攪拌(かくはん)され、あるいは作物の根が集まる地表面直下(深さ30センチメートル前後)が表土で、それ以下の心土(しんど)(鋤床(すきどこ)などとよばれるやや固められた層)とは土性や構造が異なるのが普通である。[浅海重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

表土の関連キーワード農水省の農地除染実証実験砕屑性マントル熱帯雨林気候タルガイ遺跡サプロライトトレンチ探鉱レグール土灰色砂漠土ミールヌイアンツーカビニル水田露天掘り土壌流出各務ヶ原表土喪失土壌浸食リソソル肥後台地深層崩壊地震断層

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表土の関連情報