コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Blumer,H.G. BlumerHG

世界大百科事典内のBlumer,H.G.の言及

【社会心理学】より

…これは受け手の態度の研究と結びついたものであり,態度変容の研究にも種々の刺激を与えた。また別の系統の研究動向としては,象徴を用いての相互作用の固有の意義をあらためて問い直すブルーマーH.G.Blumerらの試みがあり,自我論や相互作用論への新たな視角として注目されている。(4)集合行動や社会意識の研究 社会構造とその矛盾,変動などに関心をもつ社会学と,社会心理学とのいわば接点で展開されてきた諸研究である。…

※「Blumer,H.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Blumer,H.G.の関連キーワードフリンゲライト群集(人間)シンボリック相互作用論心理学的社会学大衆流行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android