コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会心理学 しゃかいしんりがくsocial psychology

6件 の用語解説(社会心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会心理学
しゃかいしんりがく
social psychology

社会的行動についての諸現象を研究する社会科学の一分野。社会的環境のなかで,個人や集団がどのような条件のもとでどのような行動を示すかについて科学的方法によって研究を行う。そこではおもに,(1) 社会的要因の個人への影響,たとえば,社会的知覚社会的学習社会化の過程など,(2) 集団内の個人と個人,個人と集団との相互関係,たとえば,相互交渉過程,指導性,集団の形成,分化,社会規範など,(3) 集団行動,たとえば流行,世論,宣伝に対して集団が全体として反応する行動など,が扱われている。 (→集団心理学 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐しんりがく〔シヤクワイ‐〕【社会心理学】

人間の社会的意識や行動を、社会的環境や条件との関連で分析し理論化しようとする社会科学の一分野。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

社会心理学【しゃかいしんりがく】

社会環境の中におかれた個人の経験や行動を,その環境の諸条件や諸特性との関係に基づいて分析研究する学問。英語ではsocial psychology。1908年米国の社会学者E.A.ロスと英国の心理学者マクドゥーガルにより別々に体系的な理論が発表された。
→関連項目行動科学産業心理学ル・ボンレヴィン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいしんりがく【社会心理学 social psychology】

社会的諸条件の下におかれた人間の心理や行動を,それらの条件に根ざす諸要因と関連づけて理解し,説明しようとする社会科学の一部門。ただし,ここでいう社会的諸条件とは,他の人間,集団,集合(群集,聴衆など),社会過程,制度,社会構造,文化等を含むものである。社会心理学は,実際には心理学と社会諸科学の境界科学という性格が強く,その立場によって関心の焦点やアプローチの方法にもかなりの差がある。大別すると,社会的因子を重視しつつ個人の心理や行動の理解をめざす心理学的な社会心理学の立場,および社会構造やその変動の心理的諸帰結,もしくは集合行動や集合的心理現象それ自体に関心を示す社会学的な社会心理学の立場が区別されよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいしんりがく【社会心理学】

社会の中で行動する個人または集団の意識や行動を研究対象とする心理学。対人関係、グループ間の関係、制度・習慣・文化などとの関係を個人または集団の心理的反応と関連づけて研究する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会心理学
しゃかいしんりがく
social psychology

人間の社会的行動の理解およびその説明、あるいは予測を企図する社会科学の一部門。[佐藤 毅]

研究対象

人間の社会的行動の範囲は広範に及ぶので、その研究対象も広いが、さしあたり、その対象を個人レベル、小集団レベル、大集団レベルに分けてとらえることができる。今日、その各レベルごとにどのようなテーマが研究対象として取り上げられているかを例示してみると次のようになる。個人レベルでは、社会的認知、欲求と価値、自我とアイデンティティ、役割行動など、小集団レベルでは、小集団における各種の相互作用や群集行動など、大集団レベルでは、流言や流行、あるいは社会運動などの集合行動をあげることができる。しかし、各レベルは密接に関係しており、この区分は便宜的なものである。したがって、日本人の国民性といった研究は、各レベルに関係しており、この区分には入らないで、全体に関係するものである。また、同調行動の研究といった場合も、各レベル全体に関係するといってもよいだろう。いずれにしても、社会心理学は人間の社会的行動を広範に対象としている学問分野である。
 このように社会心理学は人間の社会的行動を広範に扱うが、それゆえに、力点の置き方や方法の点で異なりを示すとはいえ、同じように人間の社会的行動をその対象としている多くの学問領域、心理学、社会学、文化人類学、言語学、地理学、宗教学あるいは歴史学などと交差する学問領域である。したがって、各学問領域間の学際的協力が望まれる分野でもある。また、社会心理学を全体としてみた場合、さまざまなアプローチがあり、大きくいって、心理過程に研究の中心を置き実験的方法を重視する実験社会心理学と臨床的方法を用いる臨床社会心理学からなる心理学的社会心理学と、社会過程に研究の重点を置き、質問紙法や観察法などによるフィールド調査や事例研究をおもに用いる社会学的社会心理学とに分かれている歴史と現状があることを付け加えておく。[佐藤 毅]

社会心理学の成立

人間の社会的行動に関する哲学的・思想史的考察は、ギリシアの昔のプラトンやアリストテレスの業績にまでさかのぼることができる。また、近代でもホッブズやアダム・スミスの人間性論をあげることもできる。しかし、今日の社会心理学の直接の基礎づけは、19世紀後半の学問的動向のなかにある。その一つは、ドイツのラツァルスとシュタインタールが提唱し、ブントによって大成された『民族心理学』(1900~20)の大著であり、また一つには、フランスのル・ボンの群集心理学や『模倣の法則』(1890)で有名になったタルドの業績である。
 アメリカでも19世紀末からデューイなどにみられるように社会心理学的研究への動きがおきていたが、1908年にはE・A・ロスによる『社会心理学』が刊行された。これはアメリカにおいて社会心理学という名を冠した最初の書物となった。ロスは、タルド、ル・ボン、バジョットなどヨーロッパの学問的業績に影響を受けていた。イギリスでは、ロスが『社会心理学』を発表した同じ年に、マクドゥーガルが『社会心理学入門』を発表し、有名な本能論に基づく社会行動の説明を試みた。このマクドゥーガルで代表される本能論は、この当時、非常にポピュラーとなったが、各種の本能をもって行動の説明概念に用いることは非科学的であるとした非難が高まったこと、また行動主義心理学がおきてきたことがあって、1920年代には下火になっていく。オートメーション技術で象徴される機械制工業が発展し、相対的繁栄期にあったアメリカでは、環境や習慣を重視する心理学(行動主義心理学)が一般化してくる。しかし、この1920年代、フロイトの精神分析が通俗化していった一面も見逃せないものである。欲望や自己が正当化される風潮も生まれていた。1924年に刊行されたF・H・オールポートの『社会心理学』は、この間にあって、科学主義を推し進め、個人心理のほかに群集心理といった実在しない観念を設定することを攻撃し、自ら実験的研究を進め、その後の心理学的社会心理学の発展の道を開くことになった。行動主義の心理学は、やがて新行動主義の心理学へと転換していく。[佐藤 毅]

新たな展開

他方、行動主義の影響を受けつつ、人間の内部環境としての自我の働きを重視し、社会によってつくられる自我(客我)と、それに働きかける自我(主我)との相互過程を明らかにし、社会行動主義を提唱したのが、G・H・ミードであった。『精神・自我・社会』(1931)をはじめとするミードの諸著作は、その後の役割論や準拠集団論に大きな影響を与え、また今日では、ミードの再評価の気運のなかでシンボリック相互作用論という社会学的社会心理学の流れを生み出すほどになっている。
 1930年代後半に至ると、現代の社会心理学に連なる新しい研究の動きが現れる。一方で社会的認知の研究など実験社会心理学の成果が出てくるとともに、他方でソシオメトリーを提唱したモレノや、場の理論を提唱してその後のグループ・ダイナミックスという分野の先駆けをつくったK・レビンなどの業績が生まれたのであった。また、新フロイト派の精神分析や文化人類学が現れ、パーソナリティーに及ぼす「文化」の影響を強調し、社会心理学を大きく刺激するようになっていった。新フロイト派では、フロム、ホーナイ、サリバン、あるいはカーディナーなど、文化人類学では、リントン、ベネディクト、M・ミード、ゴーラーなどが活躍した。この時代、ナチズムが現れたが、そのことが、フロムの『自由からの逃走』(1941)を生み、権威主義的パーソナリティー論を提起し、また、レビンが小集団における民主的リーダーの重要性を取り上げたことの意味は大きい。[佐藤 毅]

アメリカの社会心理学

第二次世界大戦は、社会心理学を新たな局面に展開させる契機となったが、アメリカでは、たとえばリーダーシップと志気(モラール)の研究、世論や宣伝、あるいは大衆説得の研究、さらに国民性の研究など「人間操作」にかかわる多方面の研究を促進させた。戦後、アメリカは明確に世界の指導的位置につくことになったが、そのなかで、アドルノらによる『権威主義的パーソナリティ』(1950)は、アメリカにある権威主義の土壌を問い直す意味をもった。また、リースマンの『孤独な群衆』(1950)は、大衆社会化したアメリカ社会の行動様式としての「他人志向型」という類型を皮肉にもえぐり出し、ミルズの『ホワイト・カラー』(1951)は、同じアメリカで増大してきたホワイトカラーがいまや陽気なロボットと化していることを暴いてみせた。
 1960年代、70年代と世界におけるアメリカの地位が大きくなった反面、ベトナム戦争、石油ショックなどを抱え、そこに陰りがみえてくるなかで、社会心理学が取り組むテーマも多彩となったが、同時に、方法論の反省も行われ、今日は、社会心理学の一種の転換期にきているように思われる。[佐藤 毅]

最近の動向

1960年代あたりから、心理学的社会心理学の分野では、たとえば社会的認知や対人魅力の研究に関し、認知的不協和の理論、帰属理論、適合性理論などの一般化モデルの提起が行われた。しかし、70年代に入ると、早急なモデル化や一般化への反省が出てくると同時に、一部では社会心理学の再建の声も聞かれる状況にある。
 他方、社会学的社会心理学の分野では、1960年代に入って、パーソンズを頂点とする構造機能主義への批判ということもあり、ポスト・パーソンズの動きが活発化し、シンボリック相互作用論、現象学的社会学、エスノメソドロジー、ラベリング理論、ラジカル社会学など多彩な学派がにぎわいをみせている。このなかで、シンボリック相互作用論は、社会学的社会心理学の中心をなす動きを示し、エリクソンやゴフマンなどの業績に刺激され、自我と役割、あるいは社会化をめぐる研究を広げてきている。また、日常性の世界への考察がみられてきていることも注目される。[佐藤 毅]

社会意識論

アメリカの社会心理学のなかでは、個々の研究はあるにせよ、社会意識論という枠組みのなかでの研究はほとんどみられていない。しかし、日本では、政治意識、階級・階層意識、青年意識、あるいは家族観や結婚観、さらに政治文化や大衆文化のような対象に関する研究などが、社会意識論のなかで行われてきている。この社会意識論は、社会心理学、とくに社会学的社会心理学の重要な部門である。社会意識とは、一定の集団や社会の成員の多くが共有している意識とされ、それは自覚的、体系的な観念であるイデオロギーと、自然発生的、日常的な意識である社会心理からなり、そのいわば「土台」には一定の経済・社会構造があるとされている。しかも、このような社会意識は、土台に対して相対的独自性をもち、人々の社会的行動に大きな影響を与えているがゆえに、重要な位置をもつものとされている。このような社会意識論を社会心理学の重要な部門として位置づけていくことが、今後の社会心理学の一つの課題でもある。[佐藤 毅]
『清水幾太郎著『社会心理学』(1951・岩波書店) ▽佐藤毅編『社会心理学』(1971・有斐閣) ▽見田宗介著『現代社会の社会意識』(1979・弘文堂) ▽末永俊郎・池内一・水原泰介編『講座社会心理学』全3巻(1977~78・東京大学出版会) ▽南博著『人間行動学』(1980・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会心理学の関連情報