CML(読み)シーエムエル

内科学 第10版「CML」の解説

CML

chronic myelogenous leukemia,慢性骨髄性白血病

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

世界大百科事典内のCMLの言及

【集積回路】より

…エミッター結合論理回路)代表的な高速動作用のバイポーラー論理回路で,エミッターで結合されたトランジスター間の電流切換えを0/1の論理状態に対応させて論理演算機能を行うORおよびNOR回路である。CML(current mode logic。電流切換え型論理回路)と同義語であるが,一般にはエミッターホロワ出力段を有するものをCMLと呼ぶ。…

※「CML」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android