コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSA シーエスエーCSA

翻訳|CSA

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CSA

CommunitySupportedAgricultureの略で、地域が支える農業の意味。作物を定期購入することで生産者を支える仕組みだ。「食べる通信」の場合、都市の消費者が地方の生産者を支えるのが特色。「東北食べる通信」はNPO法人「東北開墾」(岩手県花巻市)が毎月発行。月会費1980円を払えば、特産品と、その生産者を原則1人ずつ特集した情報誌がセットで送られてくる。会員は全国に約1200人。

(2014-07-20 朝日新聞 朝刊 首都4県 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

CSAの関連キーワードケーラー(Georges Jean Franz Köhler)日本パーソナルコンピューターソフトウエア協会日本パーソナルコンピューターソフトウェア協会ヤーン(Niels K. Jerne)コンピューターソフトウエア協会コンピュータソフトウェア協会日豪物品役務相互提供協定はつかいち美術ギャラリー日米物品役務相互提供協定イーサン スティーフェルマーク アンドリーセンモンゴルフィエ(兄弟)NCSA Telnetマーク・アンドリーセン物品役務相互提供協定シーッテックジャパンヌーボー・レアリスムハッブル宇宙望遠鏡非接触型ICカードジャンク・アート

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android