コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養士 えいようし

7件 の用語解説(栄養士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栄養士
えいようし

都道府県知事の免許を受けて,栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする人。栄養士法 (昭和 22年法律 245号) に定められている資格職。活躍の場は病院,学校,老人施設,児童施設など幅広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えいよう‐し〔エイヤウ‐〕【栄養士】

都道府県知事の免許を受け、栄養の指導、食事計画、食事管理などを行う者。→管理栄養士

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

栄養士【えいようし】

栄養士法(1947年)に基づき栄養の指導に従事することを業とする者。大学の入学資格をもち厚生労働大臣指定の養成施設で2年以上修学した者が,都道府県知事の免許を受けてなる。
→関連項目調理師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

栄養士

 わが国の栄養士法により定められている名称.栄養士法第1条で栄養士とは,「都道府県知事の免許を受けて,栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者」.管理栄養士とは,「前項に規定する業務(栄養士の業務のこと)であって,複雑または困難なものを行う適格性を有する者として登録された栄養士をいう」とされていたが,平成13年6月に改正された(→管理栄養士).

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいようし【栄養士】

栄養士の名称を用いて栄養指導に従事することを業とする者をいう(栄養士法,1947)。それゆえ,現在の日本においては,栄養士は栄養指導を通して,国民の健康の保持・増進,また,健康の阻害された人に対しては,疾病を治療し,あるいは予防することが求められている。 医療関係機関においては,医療チームの一環として食事療法をおこない,公衆衛生関係機関においては,地域保健活動,あるいは地域医療活動の一環として,住民に栄養指導をおこない,給食管理の分野においては,集団の栄養管理者として,活動することになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養士
えいようし

栄養士法により身分の確立された国の認定する資格の一つで、栄養士と管理栄養士の2種類がある。そのおもな業務は栄養指導で、個人あるいは集団に対して食生活の改善や栄養管理などに取り組み、人々の健康の保持、増進を目的としている。
 日本の栄養士の歴史は1924年(大正13)に創設された佐伯(さえき)栄養学校の卒業生の13名が、26年(大正15)に栄養士として社会に出たのに始まる。当時は国家的身分ではなく、その保障もなかったが、45年(昭和20)「栄養士規則」の制定により制度化され、47年に栄養士法が制定された。管理栄養士については62年に資格が新たに追加され、2000年(平成12)の栄養士法の改正によって、栄養士に加えて管理栄養士をそれまでの登録制から免許化した。両者の区分について、管理栄養士は疾病者の栄養指導、給食管理など栄養士よりも高度の専門知識や技術を必要とする業務を行うとしている。
 栄養士の免許は栄養士の養成施設(2年以上)を卒業した者に都道府県知事が与える。管理栄養士の免許は国家試験に合格した者に厚生労働大臣が与える。国家試験の受験資格は、4年間の管理栄養士養成施設を卒業したもの、または栄養士であって養成施設の規定年数と実務年数が合計5年以上の者となっている。
 栄養士の活動範囲は非常に広く、保健所・教育委員会などの行政関係、病院・診療所などの医療機関、福祉施設や各種給食施設における栄養指導のほか、栄養・食糧関係の研究機関、食品会社のメニュー開発・消費者窓口やスポーツセンターの栄養相談などの業務に携わっている。
 今後の方向として、栄養士と管理栄養士の業務の分離や、給食、臨床、公衆、経営などの専門分野での資格化など資質の向上が検討されている。また、免許取得後も一定期間ごとに学習を義務づける制度なども検討されている。[山口米子]
『日本栄養士会編・刊『栄養士制度発展のあゆみ――栄養士会50年のあゆみ』(1994) ▽荒井光雄・落合敏・山本博美編『管理栄養士・栄養士』(1998・東京書店) ▽河合知子・佐藤信・久保田のぞみ著『問われる食育と栄養士――学校給食から考える』(2006・筑波書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栄養士の関連情報