コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cooper,K.H. CooperKH

世界大百科事典内のCooper,K.H.の言及

【エアロビクス】より

…いずれも運動生理学の専門用語。 エアロビクスを有名にしたのはアメリカのクーパーKenneth H.Cooperで,1968年に同名の本を出版,これが世界二十数ヵ国で翻訳され1700万部を超えるベストセラーとなった。その著作の中で,どんな運動を,どのくらいの強さで,何分行ったら健康になるかを理論化し,肺疾患,心臓疾患,高血圧症,糖尿病,肥満,腰痛,胃・十二指腸潰瘍,静脈瘤といった現代病とエアロビクスの関係を明確にした。…

※「Cooper,K.H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Cooper,K.H.の関連キーワードシュリーファーバーディーンBCS理論球枕状構造流理構造流状組織エアロビクス超伝導反精神医学ユナイテッド・ブランズ[会社]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android