コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアロビクス エアロビクス aerobics

6件 の用語解説(エアロビクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エアロビクス
エアロビクス
aerobics

有酸素運動ともいう。酸素を十分に取入れながら行う運動で,全身の持久性を高めるトレーニング法。 1968年アメリカ運動生理学者 K.H.クーパーが『エアロビクス』という著書を発表してから世界的に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エアロビクス(aerobics)

体内に酸素を多量に供給し、心臓や肺の活動を刺激することによって健康を増進させる全身運動。米国の医学者ケネス=H=クーパーが提唱、命名。有酸素運動
《「エアロビクスダンス」「エアロビクスエクササイズ」の略》音楽に合わせ、ダンス形式で行う有酸素運動の総称。エアロビ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エアロビクス

有酸素運動と訳される。1968年,米国のK.H.クーパーが発表した,酸素を十分に体内にとり入れながら行う,全身持久性を養うための運動の総称。ジョギングサイクリング,水泳,ジャズ・ダンスなど。
→関連項目体操徒手体操

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エアロビクス【aerobics】

有酸素運動と訳す。酸素を摂取しながら行う運動の総称。具体的には歩く,走る,自転車をこぐ,泳ぐ,縄跳びをするなど,息を止めることなく続けられる運動。短距離の全力疾走やウェイトリフティングといった力を一気にこめる運動は息を止めて行うので,アネロビクスanerobicsという。いずれも運動生理学の専門用語。 エアロビクスを有名にしたのはアメリカのクーパーKenneth H.Cooperで,1968年に同名の本を出版,これが世界二十数ヵ国で翻訳され1700万部を超えるベストセラーとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エアロビクス【aerobics】

体内に酸素を多量に取り入れて、心臓や肺の機能を高める運動。有酸素運動。また特に、音楽に合わせて踊るように体を動かす運動。エアロビック。エアロビ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアロビクス
えあろびくす
aerobics

酸素を体内に供給しながら、できるだけ長く続けることを目的とした全身運動のこと。本来は、陸上競技短距離走時のように、筋肉が酸素を使わない無酸素運動(アネロビクス)に対し、有酸素運動を意味する医学用語である。この運動の提唱者はアメリカの医学者クーパーKenneth H. Cooperである。ジョギング、水泳、サイクリング、スキーなど、全身を使って、しかも時間をかけて行う運動は、心臓や肺の機能を高め、血管の退化を防ぎ、酸素を体のすみずみまで送ることによって組織や細胞の働きがより活発になることが広く認められている。エアロビクス理論の特徴は、各種目の運動量を点数で表し、年齢、性別、体力水準に応じた、健康を高めるための運動プログラムをわかりやすく示していることにある。運動の点数化にあたっては、毎分体重1キログラム当り7ミリリットル酸素消費量を1点とし、健康の維持・増進のためには、成人男子で1週30点、女子で24点の運動量が必要とされている。
 たとえば、次の運動はいずれも5点の価値がある。ランニング1.6キロメートル8分以内、水泳550メートル15分以内、サイクリング8キロメートル20分以内、縄とび10分。また、エアロビクス・ダンスを活発に踊れば、25分で5点の運動量がある。エアロビクス・ダンスは、動きがきわめて変化に富んでおり、運動それ自体にもリズムにあわせて踊る楽しさがあり、さらに自分で運動量をコントロールできることから、女性だけでなく、だれにでも勧められる運動である。[池田 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエアロビクスの言及

【ジョギング】より

…従来,陸上競技をはじめスポーツの準備運動の中で,軽く体を揺さぶったりゆっくり走ったりするジョグが行われていたが,1960年代になって欧米各国で一般化し,その走法用語として広く使われるようになった。とくにアメリカのK.H.クーパーが68年に《エアロビクス》を発刊し,ジョギングが運動生理学の立場から健康,体力の維持向上に望ましいとの判断を示したことによってますます普及した(エアロビクス)。同じ効果をもたらす水泳やサイクリングと違って,特別な技術を要求されない基本的動作(走る)のためだれもが容易に行えるので参加人口が増え,日本では愛好者506万人(週1回以上実施,1996)と推定されている。…

※「エアロビクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エアロビクスの関連キーワード有酸素運動無酸素無酸素性運動有酸素酸素運搬能最大酸素負債量有酸素性運動エアロビサイズエアロビックエクササイズ無酸素運動 (anaerobic exercise)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エアロビクスの関連情報