コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DuBois,H. DuBoisH

世界大百科事典内のDuBois,H.の言及

【本多光太郎】より

…1901年講師,07‐11年外国留学。大学院・講師時代は長岡半太郎の指導下で強磁性金属の磁化,応力,ひずみの相互関係について,外国ではゲッティンゲン大学のタンマンG.Tammann(1861‐1938)のもとで2元合金の磁性,ベルリンではデュボアH.DuBois(1863‐1918)のもとで43種の元素単体の磁性とその温度変化についてそれぞれ研究した。帰国後,ただちに東北帝国大学理科大学(新設)教授となり,磁気分析,電気抵抗測定などの物理学的研究方法を活用した鉄鋼の状態図,変態,焼入硬化機構の研究,鉄属元素化合物の磁性の実験的研究を広範に行うとともに,磁性について分子磁石理論を追求した。…

※「DuBois,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone