コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EA-71

1件 の用語解説(EA-71の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

EA-71

水平対向エンジン本来の混合気の分配の良さ、温水予熱と気化器の改良によるリーンサイド燃焼。・圧縮比、バルブオーバーラップ見直しと、きめ細かい点火時期制御による最高燃焼温度制御。・排気ポートライナーとリードバルブ式2次空気導入システムによる燃焼室内から排気通路の間の燃焼ガス温度制御により、CO、HC、Noxの3成分をバランスよく制御している。・1975年10月、本SEEC-Tシステムをレオーネに搭載し、昭和51年度排気ガス規制適合車として発売した。保管場所富士重工業株式会社スバル技術本部技術管理部図書室(〒373-8555 群馬県太田市東本町10-1)
製作(製造)年1975
製作者(社)富士重工業株式会社
資料の種類文献
現状保存・非公開
型式EA71
種類ガソリン
会社名富士重工業(株)
通称名SEEC-T
搭載車種スバルレオーネ
製作開始年1975
設計者山岸曦一(代表)
シリンダ配列・数水平対向・4
サイクル/冷却方式4/水冷
弁型式/数OHV(1/1)
燃焼方式火花点火
燃焼室バスタブ
総排気量1595cc
内径×行程92×60mm
圧縮比8.5
質量(重量)92kg
寸法432×685×635mm
点火システムバッテリ点火
最高出力82/5600 ps/rpm
最大トルク12.0/3600kgfm/rpm
燃料消費率225/2400 (g/ps・h)/rpm
特徴・ 触媒などの後処理装置やエアポンプなどのデバイスを必要としない独自の排気ガス浄化システム。・ リードバルブ式2次空気導入システムは排気脈動を利用して排気管内に2次空気を導入する装置であるが、本SEECシステムが実用化の先鞭をつけたもので、簡単な構造で効果が大きく、その後、一般化した。
参考文献・内燃機関 Vol.14 No.173 1975 12
その他事項燃料供給方式:気化器;比出力:51.4ps/L;排気浄化装置:SEEC-T;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EA-71の関連キーワード全圧インジェクションガソリンエンジン混合気爆音リーンバーン混合比リーンバーンエンジン分配の法則(化学)水平対向エンジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone