先鞭(読み)せんべん

精選版 日本国語大辞典「先鞭」の解説

せん‐べん【先鞭】

〘名〙 (「晉書‐劉琨伝」の「吾枕戈待旦、志逆虜、常恐祖生先」による。他人より先に馬にむち打って、さきがけ功名をする意) ある物事に、だれよりも先に着手すること。真っ先にとりくむこと。さきがけ。先手
弘道館記述義(1852)下「況今各国既着先鞭、而我倣之、不亦晩乎」
※落語・水中の(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「何処へでも行かれるのだから、これを旨く人より先鞭して旅行して帰って来ると」 〔高適‐酬河南節度使賀蘭大夫詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「先鞭」の解説

せん‐べん【先×鞭】

《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生のれに先んじてむちくるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android