コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先鞭 センベン

デジタル大辞泉の解説

せん‐べん【先×鞭】

《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生の吾(わ)れに先んじて(むち)を著(つ)くるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんべん【先鞭】

〔晋書 劉琨伝「常恐祖生先吾著一レ鞭」より。好敵手、祖逖そてきが、自分より先に馬に鞭打って功名をあげはせぬかと劉琨が気づかったことから〕
人より先に物事に手をつけること。 「 -をつける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

先鞭の関連キーワードエルネスト・ベンジャミン エスクラントンアトミック・マニピュレーションナーシーフ・アルヤージジーC.V.L. シャーリエビバップ[beアルフォンソ[2世]チャンドラセカール第一勧業銀行[株]2001年宇宙の旅本田技研工業[株]マーサ グレアムグローテフェントドボルジャーククループスカヤルキウス3世オーマンディ大村 恕三郎ランドフスカホブランド今泉嘉一郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先鞭の関連情報