先鞭(読み)せんべん

精選版 日本国語大辞典 「先鞭」の意味・読み・例文・類語

せん‐べん【先鞭】

〘名〙 (「晉書‐劉琨伝」の「吾枕戈待旦、志逆虜、常恐祖生先吾著鞭」による。他人より先に馬にむち打って、さきがけ功名をする意) ある物事に、だれよりも先に着手すること。真っ先にとりくむこと。さきがけ。先手
弘道館記述義(1852)下「況今各国既着先鞭、而我倣之、不亦晩乎」
※落語・水中の球(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「何処へでも行かれるのだから、これを旨く人より先鞭して旅行して帰って来ると」 〔高適‐酬河南節度使賀蘭大夫詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「先鞭」の意味・読み・例文・類語

せん‐べん【先×鞭】

《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生のれに先んじてむちくるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「先鞭」の読み・字形・画数・意味

【先鞭】せんべん

先着する。

字通「先」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android