先鞭(読み)センベン

デジタル大辞泉の解説

せん‐べん【先×鞭】

《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生の吾(わ)れに先んじて(むち)を著(つ)くるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんべん【先鞭】

〔晋書 劉琨伝「常恐祖生先吾著一レ鞭」より。好敵手、祖逖そてきが、自分より先に馬に鞭打って功名をあげはせぬかと劉琨が気づかったことから〕
人より先に物事に手をつけること。 「 -をつける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先鞭の関連情報