コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先鞭 センベン

デジタル大辞泉の解説

せん‐べん【先×鞭】

《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生の吾(わ)れに先んじて(むち)を著(つ)くるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんべん【先鞭】

〔晋書 劉琨伝「常恐祖生先吾著一レ鞭」より。好敵手、祖逖そてきが、自分より先に馬に鞭打って功名をあげはせぬかと劉琨が気づかったことから〕
人より先に物事に手をつけること。 「 -をつける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先鞭の関連キーワードエルネスト・ベンジャミン エスクラントンアトミック・マニピュレーションナーシーフ・アルヤージジーC.V.L. シャーリエビバップ[beアルフォンソ[2世]2001年宇宙の旅第一勧業銀行[株]本田技研工業[株]チャンドラセカールマーサ グレアムグローテフェントクループスカヤドボルジャーク大村 恕三郎オーマンディランドフスカルキウス3世ホブランドコンラッド

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先鞭の関連情報