先鞭(読み)センベン

デジタル大辞泉の解説

せん‐べん【先×鞭】

《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生の吾(わ)れに先んじて(むち)を著(つ)くるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんべん【先鞭】

〔晋書 劉琨伝「常恐祖生先吾著一レ鞭」より。好敵手、祖逖そてきが、自分より先に馬に鞭打って功名をあげはせぬかと劉琨が気づかったことから〕
人より先に物事に手をつけること。 「 -をつける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐べん【先鞭】

〘名〙 (「晉書‐劉琨伝」の「吾枕戈待旦、志逆虜、常恐祖生先吾著鞭」による。他人より先に馬にむち打って、さきがけの功名をする意) ある物事に、だれよりも先に着手すること。真っ先にとりくむこと。さきがけ。先手。
※弘道館記述義(1852)下「況今各国既着先鞭、而我倣之、不亦晩乎」
※落語・水中の球(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「何処へでも行かれるのだから、これを旨く人より先鞭して旅行して帰って来ると」 〔高適‐酬河南節度使賀蘭大夫詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先鞭の関連情報