コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EAI

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

EAI

さまざまな企業システムをスムーズに統合するためのアーキテクチャー。企業では、データベースやDWH、ERPや会計システムなど、さまざまなシステムが利用されている。これを統合することにはメリットも多いが、実際にはそれぞれのシステムは必要に応じて個別に連携を取るしかなく、構成システムが多い場合にはたいへんな作業となる。EAIは、統合サーバーというべきシステム統合のためのサーバーを中心に置き、各システムをこのサーバーと連携させるだけで他の全システムとの統合が実現する、というハブ&スポーク型の発想である。このサーバー自体がEAIと呼ばれることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イー‐エー‐アイ【EAI】[enterprise application integration]

enterprise application integration》複数の異なるコンピューターシステムを有機的に連携させる一連の技術。主に企業内業務の一元的管理に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

EAIの関連キーワード相模原市立相模川ふれあい科学館墨田区立すみだ環境ふれあい館太宰府市文化ふれあい館米州自由貿易地域バージェス動物群ウォレアイ環礁電子航空路誌バルケアパーウォレアイ島航空宇宙工業COGEMAエアアジア北欧文学安田聖愛ユッセ城出合正幸FTAACERNダンタスWWW

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android