コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FRP漁船 エフアールピーぎょせん

世界大百科事典 第2版の解説

エフアールピーぎょせん【FRP漁船】

船質が強化プラスチック(FRP)の漁船。1962年のノリ船試作に始まり,FRPの軽くて強く腐らない特徴から木造船に代わるようになり,隻数は木造船と同隻数まで増加し,100トン型まで建造されている。FRPはガラス繊維不飽和ポリエステル樹脂を含浸させ積層させるので,漁船の建造にはおもに木製雌型およびFRP雌型工法が採用されている。小型漁船の外板は7~8枚の単層構造で,大型では約30枚の中間に心材を入れたサンドイッチ構造がとられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のFRP漁船の言及

【漁船】より

…【二野瓶 徳夫】。。…

※「FRP漁船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

FRP漁船の関連キーワードプラスチック船漁船強化プラスチックエンジニアリング・プラスチックガラス繊維隈研吾サイロ繊維強化プラスチック造船材料椿昇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android