コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FSO えふすおー

2件 の用語解説(FSOの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FSO

光信号を空中伝送する通信システム光ファイバーが設置されていない場所で光通信が可能になる。ビルの屋上や窓際に設置した通信機器どうしで、赤外線に近い波長の紫赤色レーザーを用いて通信を行う。2001年9月に米国で起きた同時多発テロでは、世界貿易センタービル周辺のネットワークを数日で復旧させる実績を残した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

FSO

〖free space optics〗
光無線を用いるデータ伝送技術。光ファイバーを用いたデータ伝送技術に比べ、施設の設置・管理が容易とされる。ビルどうしの通信などに用いる。空間光伝送。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FSOの関連キーワードメディアコンバーター第4世代移動通信システム衛星航法システム高度情報通信システム全銀システムDISAデジタル通信テレターミナルシステム光ファイバー通信光信号

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FSOの関連情報