コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GEO ジーイーオー GEO

4件 の用語解説(GEOの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジー‐イー‐オー【GEO】[Genetically engineered organism]

Genetically engineered organism》⇒遺伝子組み換え作物

ジー‐イー‐オー【GEO】[geostationary earth orbit]

geostationary earth orbit》⇒静止軌道

ジー‐イー‐オー【GEO】[Group on Earth Observations]

Group on Earth Observations》⇒地球観測に関する政府間会合

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

GEO
ジーイーオー


専門
作曲家;音楽プロデューサー

別名
グループ名=エタニティ,旧グループ名=スウィートボックス〈sweetbox〉

経歴
エース・オブ・ベースバナナラマなどを手掛ける敏腕プロデューサーとしてヨーロッパで活躍。1996年自身のプロジェクト・スウィートボックスの活動を開始し、シングル「BOOYAH」をリリース。’97年ティナ・ハリスをボーカルに起用し、バッハの「G線上のアリア」をモチーフとする「エブリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト」を大ヒットさせる。同年アルバム「スウィートボックス」をリリース。「白鳥の湖」などのクラシックポップを融合させた楽曲で人気を博す。’99年ティナ・ハリスが脱退。2001年2代目ボーカリストジェイドが歌うシングル「ロンリー」、アルバム「クラシファイド」がヒット。2002年ガムランや琴などアジア系の民族音楽を取り入れたアルバム「JADE」を発表。新生スウィートボックスとして注目される。2009年ジェイドとともにスウィートボックスを脱退、新ユニット・エタニティを立ち上げる。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

GEOの関連キーワードFF遺伝子組換えエンストレシプロエンジンGMO遺伝子組換え作物サーチエンジン対策GM作物ミッドシップPRIME II

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

GEOの関連情報