コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Herzog,R.F.K. HerzogRFK

世界大百科事典内のHerzog,R.F.K.の言及

【質量分析法】より

…この点を改めたものとして,F.W.アストンは速度収束性をもったもの,A.J.デンプスターは方向収束性をもった180度磁場を分析場とする質量分析計を考案し,同位元素の発見,その存在比の測定を行った。35年にはマッタウフJosef Heinrich Elizabeth Mattauch(1895‐ )とヘルツォークRichard Franz Karl Herzog(1911‐ )による二重収束質量分析器が作られ,その分解能は≌10万,質量測定精度は10-6~10-7に達した。53年にはポールWolfgang Paulが,四重極高周波電場を利用した非偏向型の四重極質量分析計を発明した。…

※「Herzog,R.F.K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Herzog,R.F.K.の関連キーワードヘルツォーク&ド・ムーロン爵位[西洋]モーロアアギーレ,神の怒りモーロアモロアグラッベグラーフ大公[ドイツ]ヘルツォーク

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android