コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Herzog,R.F.K. HerzogRFK

世界大百科事典内のHerzog,R.F.K.の言及

【質量分析法】より

…この点を改めたものとして,F.W.アストンは速度収束性をもったもの,A.J.デンプスターは方向収束性をもった180度磁場を分析場とする質量分析計を考案し,同位元素の発見,その存在比の測定を行った。35年にはマッタウフJosef Heinrich Elizabeth Mattauch(1895‐ )とヘルツォークRichard Franz Karl Herzog(1911‐ )による二重収束質量分析器が作られ,その分解能は≌10万,質量測定精度は10-6~10-7に達した。53年にはポールWolfgang Paulが,四重極高周波電場を利用した非偏向型の四重極質量分析計を発明した。…

※「Herzog,R.F.K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone