コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPスプーフィング あいぴーすぷーふぃんぐ

3件 の用語解説(IPスプーフィングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPスプーフィング

IPパケットを偽造してネットワークへの侵入を試みる不正アクセスの手段。スプーフィングとは「なりすまし」の意味であり、IPスプーフィングでは、IPパケットの送信元IPアドレスを攻撃対象ネットワークの内部のアドレスに書き換えて、攻撃先ホストへ向けて送り出す。IPアドレスやポートを元に通過や破棄を決定するパケットフィルタリングでは検出が難しい。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイピー‐スプーフィング【IPスプーフィング】

IP spoofingIPアドレスを偽って攻撃対象となるホストコンピューターに侵入すること。→成り済まし2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

IPスプーフィング

攻撃元を隠すために、偽のIPアドレスをもったパケットを送ること。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IPスプーフィングの関連キーワードインターネットワーキングソケットIP次世代ネットワークインハウスネットワークケーブルネットワーク次世代IPネットワーク社会的ネットワークスポンサードネットワーク電子ネットワークVoIPネットワーク

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone