コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPスプーフィング あいぴーすぷーふぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPスプーフィング

IPパケットを偽造してネットワークへの侵入を試みる不正アクセスの手段。スプーフィングとは「なりすまし」の意味であり、IPスプーフィングでは、IPパケットの送信元IPアドレスを攻撃対象ネットワークの内部のアドレスに書き換えて、攻撃先ホストへ向けて送り出す。IPアドレスやポートを元に通過や破棄を決定するパケットフィルタリングでは検出が難しい。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone