IPスプーフィング(読み)あいぴーすぷーふぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典「IPスプーフィング」の解説

IPスプーフィング

IPパケット造してネットワークへの侵入を試みる不正アクセスの手段。スプーフィングとは「なりすまし」の意味であり、IPスプーフィングでは、IPパケットの送信元IPアドレスを攻撃対象ネットワークの内部のアドレスに書き換えて、攻撃先ホストへ向けて送り出す。IPアドレスやポートを元に通過や破棄を決定するパケットフィルタリングでは検出が難しい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「IPスプーフィング」の解説

アイピー‐スプーフィング【IPスプーフィング】

IP spoofingIPアドレスを偽って攻撃対象となるホストコンピューターに侵入すること。IPアドレススプーフィング。IPアドレス偽装。→成り済まし2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

情報セキュリティ用語辞典「IPスプーフィング」の解説

IPスプーフィング

攻撃元を隠すために、偽のIPアドレスをもったパケットを送ること。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android