IPスプーフィング(読み)あいぴーすぷーふぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典「IPスプーフィング」の解説

IPスプーフィング

IPパケット造してネットワークへの侵入を試みる不正アクセスの手段。スプーフィングとは「なりすまし」の意味であり、IPスプーフィングでは、IPパケットの送信元IPアドレスを攻撃対象ネットワークの内部のアドレスに書き換えて、攻撃先ホストへ向けて送り出す。IPアドレスやポートを元に通過や破棄を決定するパケットフィルタリングでは検出が難しい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android