IRBM(読み)アイアールビーエム(英語表記)intermediate range ballistic missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「IRBM」の解説

IRBM
アイアールビーエム
intermediate range ballistic missile

中距離弾道ミサイル射程が 2400~6400kmの弾道ミサイル。かつてはアメリカのジュピターソーソ連の SS-4,SS-5などがあったが,いずれも廃棄されている。 1992年現在配備されている IRBMは,中国の東風 Dong Feng2号,フランスの SSBS S3Dの2種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のIRBMの言及

【ミサイル】より

…フランスは,1960年代初頭に原爆実験,引き続き水爆実験に成功し,戦略爆撃機を配備した。また70年代初頭に地下に基地をもつ中距離弾道ミサイルintermediate range ballistic missile(略号IRBM)と,SLBM搭載原子力潜水艦を配備し,その後も軽量・小型化と射程延伸をはかっている。 中国は,1960年代に原爆・水爆の実験と並行して核ミサイルを開発し,70年代にかけて準中距離弾道ミサイルmedium range ballistic missile(略号MRBM),IRBM,ICBMを配備した。…

※「IRBM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android