射程(読み)しゃてい

精選版 日本国語大辞典「射程」の解説

しゃ‐てい【射程】

〘名〙
① 発射した弾丸銃口砲口から到達点までの水平距離。特にその銃砲で弾丸が届き破壊力を有する最大距離。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「射程の遠くして、発射の神速なる、猛威兵器を」
② (比喩的に) ある理論などの適用しうる範囲。また、目標などに届きうる範囲。
のゆき来(1965)〈中村真一郎〉六「彼女の答えは、故意に射程を狂わせていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android