Jørgensen,S.M.(英語表記)JorgensenSM

世界大百科事典内のJørgensen,S.M.の言及

【配位化合物】より

…たとえばCoCl3もNH3もそれぞれふつうの原子価を満足している(これらは一次化合物と呼ばれた)のに,なお結合して安定なアンモニア和物CoCl3・6NH3(高次化合物と呼ばれた)を生ずる。スウェーデンのブロムストラントC.W.Blomstrand(1826‐97)は有機化合物のCH2連鎖に類似した鎖状構造式(図1)を提出し,ヨルゲンセンS.M.Jørgensenはこれを改良した(図2)が,硝酸銀によってAgClの沈殿をつくるときに2種類の塩素イオンが存在することなどの実験結果を説明することはできなかった。A.ウェルナーは古典的な原子価論で説明することを断念し,1893年,金属原子を中心にして分子などがその原子特有の空間的に定まった位置に配列して第1圏(あるいは配位圏)をつくるという配位説の骨格となる理論を発表した(図3)。…

※「Jørgensen,S.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android