コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペンハーゲン学派 コペンハーゲンがくはCopenhagen school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペンハーゲン学派
コペンハーゲンがくは
Copenhagen school

デンマークの L.イェルムスレウ,V.ブレンダルらを中心とする構造言語学の一学派。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コペンハーゲン‐がくは【コペンハーゲン学派】

1933年にデンマークのイェルムスレウが結成した言語学派。コペンハーゲン大学の言語学研究者を中心とし、高度に抽象的な理論展開を特色とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コペンハーゲンがくは【コペンハーゲン学派】

ソシュールの影響を受けて、主として音韻体系と文法体系の関係を記号の形式的側面から究明しようとした構造主義言語学の一学派。イェルムスレウらが中心となって1930年代にスタートしたコペンハーゲン言語学サークルの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コペンハーゲン学派
こぺんはーげんがくは

言語学研究者のグループ。1928年に名のりをあげた、プラハ学派に触発されて、デンマークのイェルムスレウがブレンダルBrndalと組んで、33年にコペンハーゲン大学関係の言語学研究者を中心として結成した。34年から会誌『Bulletin du CLC』を刊行、39年から『Acta Linguistica』(第9巻以降『A. L. Hafniensia』と改称して会誌を併合)を発行、さらに44年からは『コペンハーゲン学派論叢(ろんそう)Travaux du CLCを出して多くの論文を世に送った。言理学glossematics関係のものが中核をなしているのは、けだし当然であろう(この『論叢』は第16巻〈1975〉まで刊行されている)。総帥であったイェルムスレウが没してからは、学派としての活動は衰退しているが、まったく死滅しているわけではない。著名な関係学者としては、ウルダルH. J. Uldall、フィッシャー・ヨーアンセンE. Fischer-Jrgensen、トービィK. Togebyらがあげられる。[林 榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコペンハーゲン学派の言及

【ボーア】より

…その後,36年原子核反応についての複合核モデルを発表,39年には液滴模型に基づいて核分裂のメカニズムを説明,多くの成果をあげた。このように彼の指導の下,コペンハーゲンは原子物理学研究の中心地となり,いわゆる〈コペンハーゲン学派〉を形成するに至った。また量子力学の解釈をめぐってのアインシュタインとの論争も有名である。…

※「コペンハーゲン学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コペンハーゲン学派の関連キーワードジャージー クリロウィチルイス イェルムスレウクリロウィチハフニウムソシュール構造主義榮一

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android