J(読み)じぇー

日本大百科全書(ニッポニカ)「J」の解説

J
じぇー

英語アルファベットの第10字。古代のアルファベットには対応する文字がなく、中世ラテン文字のIが変形されて誕生した。中世ラテン語では、Jは語頭の文字として用いられる以外は、Iと区別されずに用いられていたが、17世紀前半にIが母音字、Jが子音字として分化され、フランス語の影響から現在のような音を表すようになった。数学ではiやkとともに単位ベクトルを表し、物理ではエネルギーや仕事のMKS単位であるジュールを表す。トランプではジャックの略、法律用語では裁判官を表す。中世ローマ数字では1を表した。

[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「J」の解説

J

ジュール」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android