物理(読み)ブツリ

大辞林 第三版の解説

ぶつり【物理】

物の道理。 「其倫に由て-を害する勿れ/文明論之概略 諭吉
「物理学」の略。
学校教育の教科の一。理科の一分野。 〔もともとは、物の道理の意。明治以降、英語 physics の訳語として使われるようになり、理学的な道理をいうようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶつ‐り【物理】

〘名〙
① 物の道理。明治以降は、多く理学的な道理をいう。
※経国集(827)一・重陽節菊花賦〈嵯峨天皇〉「観物理於盛衰兮、知造花之異一レ時」
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二(物理上学)「心理の首とする所は性理にして、物理の首とする所は格物なり」 〔新書‐道徳説〕
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉題言「国家小学を設け児童に教ふるに中外の歴史より物理数学等の各科に至る諸書を以てす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の物理の言及

【物理学】より

…〈物理〉がphysicsの訳語として定着したのは明治以後であるが,漢語として〈物の道理〉を示す意味で用いられたのは古い。現在の物理学に近い概念を表すことばとしては,幕末〈窮理学〉〈格物学〉〈理科〉〈理学〉などがあり,1863年(文久3)洋書調所が開成所に改組されるに当たっての学科名としては窮理が採用され,その後理学に変わり,また65年(慶応1)長崎の分析究理所の科目名に物理の名がみえる。…

※「物理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物理の関連情報