物理(読み)ぶつり

精選版 日本国語大辞典「物理」の解説

ぶつ‐り【物理】

〘名〙
① 物の道理。明治以降は、多く理学的な道理をいう。
※経国集(827)一・重陽節菊花賦〈嵯峨天皇〉「観物理於盛衰兮、知造花之異一レ時」
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二(物理上学)「心理の首とする所は性理にして、物理の首とする所は格物なり」 〔新書‐道徳説〕
※改正増補物理階梯(1876)〈片山吉〉題言「国家小学を設け児童に教ふるに中外の歴史より物理数学等の各科に至る諸書を以てす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「物理」の解説

ぶつ‐り【物理】

物の道理。物の理法。
「そのて―を害する勿れ」〈福沢文明論之概略
物理学」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「物理」の解説

【物理】ぶつり

物事の道理。〔書譜〕淳(じゆんり)(清濁)一たびり、質三たび變ず。(ちぶ)、物理常に然り。能く古にして時に乖(そむ)かず、今にしてを同じうせざることを貴ぶ。

字通「物」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の物理の言及

【物理学】より

…〈物理〉がphysicsの訳語として定着したのは明治以後であるが,漢語として〈物の道理〉を示す意味で用いられたのは古い。現在の物理学に近い概念を表すことばとしては,幕末〈窮理学〉〈格物学〉〈理科〉〈理学〉などがあり,1863年(文久3)洋書調所が開成所に改組されるに当たっての学科名としては窮理が採用され,その後理学に変わり,また65年(慶応1)長崎の分析究理所の科目名に物理の名がみえる。…

※「物理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android