コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JAR形式 じゃーけいしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

JAR形式

Javaプログラムにおいて、複数のクラスファイルを1つの圧縮ファイルとして扱えるようにした形式。JDK 1.1から提供されている機能で、拡張子は「JAR」である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

JAR形式の関連キーワードJavaJava EEJDKJava仮想マシンJavaHotSpotサン・マイクロシステムズTRONアプレットIntent

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android