コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

L2TP(読み)えるつーてぃーぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

L2TP

Layer 2 Tunneling Protocolの略。IETFで標準化されたレイヤー2(データリンク層)でのトンネリングプロトコルで、主にリモートアクセスVPNで利用されるPPPを拡張したプロトコル。もともとは、マイクロソフトが中心となって開発した「PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)」と、シスコシステムズの「L2F(Layer 2 Forwarding)」という2つのプロトコルを統合して誕生した。ただし、L2TPはデータ暗号化の機能を持っていないため、セキュリティ確保のためには他のプロトコル(IPsec)などと併用する必要がある。実際、Windows 2000やXPでは「L2TP over IPsec」といった方法でパケットの暗号化を行なっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android