コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

L2TP えるつーてぃーぴー

1件 の用語解説(L2TPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

L2TP

Layer 2 Tunneling Protocolの略。IETFで標準化されたレイヤー2(データリンク層)でのトンネリングプロトコルで、主にリモートアクセスVPNで利用されるPPPを拡張したプロトコル。もともとは、マイクロソフトが中心となって開発した「PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)」と、シスコシステムズの「L2F(Layer 2 Forwarding)」という2つのプロトコルを統合して誕生した。ただし、L2TPデータ暗号化の機能を持っていないため、セキュリティ確保のためには他のプロトコル(IPsec)などと併用する必要がある。実際、Windows 2000やXPでは「L2TP over IPsec」といった方法でパケットの暗号化を行なっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

L2TPの関連キーワードPRプレタクチュール <ドレス>ハウスオーガンサニーサイドアップパブリックリレーションズSSLVPNDLVLLVLPR紙(誌)ラヴェル:プレリュード/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

L2TPの関連情報