LFU(読み)エルエフユー

デジタル大辞泉の解説

エル‐エフ‐ユー【LFU】[least frequently used]

least frequently used》コンピューターのキャッシュメモリー仮想記憶に保存されたデータを書き換える際に用いられる方式の一つ。「最も使用された頻度が少ない」の意で、使用頻度が最も少ないデータを破棄し、新規のデータと置換することを指す。→エル‐アール‐ユー(LRU)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android