コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NGST NGST/えぬじーえすてぃーNext Generation Space Telescope

知恵蔵の解説

NGST

ハッブル宇宙望遠鏡の後継機として米航空宇宙局(NASA)が検討している、口径6mクラスの次世代宇宙望遠鏡。名称はJWST(James Webb Space Telescope)。このような巨大望遠鏡をそのままの大きさで打ち上げることは難しいので、打ち上げ時に小さな口径の鏡を複数枚に折りたたんでおき、軌道上で開かせる。2010年の打ち上げを予定。可視光から中間赤外線までの観測を行う。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

NGSTの関連キーワードリンタングステン酸塩(燐タングステン酸塩)セントビンセントおよびグレナディン諸島輝タングステン鉱(データノート)リビングストン鉱(データノート)トム・ジョージ ロングスタッフシュトラウス・ウント・トルナイ復讐の鬼探偵ロングストリートリアプロジェクションテレビバーバラ・ベル ゲッデスファッド リビングストン鉄重石華(データノート)パラタングステン酸塩メグレと生死不明の男ケン リビングストンリチャード バックかもめのジョナサンセイコーエプソン日本タングステンモーニングスターキース ロバーツ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android