コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NTT[株] えぬてぃーてぃー

世界大百科事典内のNTT[株]の言及

【公衆データ網】より

…その後,X.25は,80年代に標準化が進んだOSIプロトコルの一部に組み込まれた。X.25は,多数の端末を少数の大型コンピューターへ接続することを想定して設計されており,日本でも,それを使用してパケット交換のサービスを行う公衆データ網がNTTをはじめとする通信会社の手によって提供されている。公衆データ網の利用例として,銀行の自動払出し機とホストコンピューターとを結ぶオンラインシステムや,クレジットカードの認証を行うネットワークなどを挙げることができる。…

【通信機工業】より

…こうした移動体通信サービスへの加入者の大幅な増加を受け,無線通信装置は,1987ー97年の10年間に年平均で13.4%の高い成長を遂げた。
[特徴と展望]
 日本の通信機工業の特徴は,(1)日本電信電話(NTT)グループのウェイトが高いこと,(2)大手の日本電気,富士通などのメーカーのウェイトが高いこと,である。1997年の需要構成をみると,受注ベースでNTTグループは全体の35.9%を占め,民需の36.5%にほぼ匹敵する。…

※「NTT[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

NTT[株]の関連キーワード日本電信電話(株)NTTドコモ(株)NTTデータシステムズNTT分割再編ダイヤルNTT日本電信電話全国電気通信労働組合通信機械工業電話情報サービス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android